So-net無料ブログ作成
検索選択

安倍首相常套句「当り前」 は自説偏重議論遮断そのもの

 威勢はいいけど何かと綻びが見える安倍首相、悪口はあまり言いたくはありませんが、彼の、主として野党政策質問者に対する答弁に織り込められる常套句「...は当り前じゃないですか」とか、「は...なんだろうな(ということだ)と思います」 等々の発言は、自論に拘泥するだけ。
 広く耳目を開いて多くの意見に耳を傾け総括的に判断するという指導者の立場ではないばかりか、国の将来に関わる重要な政策議論そのものを遮断・封じるものだと思います。
 国会での発言として、まったく相応しくないものという他ありません。

 私は国会での発言や、気に入ったメディアでしか露出しない性向が目立つ安倍くんはじめ、その閣僚の資質にはかねて疑問を抱いていましたが、高市早苗総務相の「報道内容如何によっては放送電波停波もありうる」との発言・認識に至って真からの危惧を感じています。
 高市氏の国会発言「民主党政権でもそうだった」発言にも呆れますが、この「お前だってそうだったろう」程度のセンスしか持ち合わせていない人物が国策を決定する立場にいることを私は真に憂います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © いまを斬る!鬼平の独り言 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます