So-net無料ブログ作成

ガスレンジ用グリルパンけっこう便利に使えます

 システムキッチンや標準的なガスレンジの魚焼きグリルにスッポリと収まる角型をした専用のグリルパン、この正月西友ショップで購入したまま、それこそシステムキッチン内の棚に長いこと寝ていましたが、このほど実際使って見る機会がありました。

 それは、簡単な昼食で済ませたいと思ったある日のこと。
 冷蔵庫の底に半分だけ残っていたタマネギと、自分が買ったぶなシメジ。それに加えてこの前買っておいた季節としては早目のナスを一個、それに加えてイオン系列のお店で買った鶏肉少々。

 油汚れが苦手なので、グリルパンの底にアルミホイールを敷いて、その上にほんの少々のマーガリン・バターを敷きましたが、普通の食用油でもいいでしょう。
 
 野菜やキノコには、すぐに火が通るので鶏肉は最後に追加することとしてタマネギが透明になったところで、全部の食材をグリルパンに並べ、たまたま棚にあったトマトケチャップを適当な量だけ振りかけてもう一度加熱した次第です。
 存外、短い時間で、しかも意外においしこの料理ができたのは言うまでもありません。

 この商品、極言するとただの加熱できる弁当箱のような形をしていますが、蓋が付いていますからときには密閉構造で、しかも上下方向から同時加熱するグリルの特性の故に熱効率もよく、しかも利用の仕方次第でグリルも汚れにくいとあってなかなか便利に使っています。
 何より嬉しいのは、ほんの少しの油でポテトやニンジン、ブロッコリーなどの冷凍食材が有効に活用できることですね。



 価格は蓋も含めて2500円ほどだったと思いますが、上下双方から加熱できるので効率が高いせいか調理時間も短くて済むような気がします。
 上の写真の商品説明にはIH対応と記載されていますが、私の家ではIHを使っていませんで、グリル専用として使っています。

 蓋を使うと全体が閉じた構造になりますから、グリルが汚れなくて済みます。
 また、パンの底にアルミホイールを敷くとパン自体の汚れを防ぐこともできるので、調理後の始末が簡単です。落としにくい焼き付き汚れの問題もありません。

 グリル用調理器にはもっと高級な商品もたくさんあります。
 たとえば、ホーロー製品とか鋳造品だったりです。これらは、色合いや厚みなど見た目の良さもさることながら容器の熱容量が大きい分だけ、保温性には優れていると思いますが、反面重くて、かつ熱の伝わり方が悪くなりますからガス代が余分にかかることが容易に想像できます。



 その点、シンプルで厚さ1.2mmのごく一般的でかつ熱伝導性に優れた鉄板を板金加工しただけのこの商品で機能的には十分だと思います。
 ただし、一点だけ注意しなければならないのは、グリルの内側寸法です。ちょっと測りにくいですが巻き尺かスケールがあれば十分ですから、正確に測りましょう。
グリルの内側寸法
  • 入り口高さ;40mm以上
  • 入り口広さ190mm以上
  • 奥行:250mm以上
    •  入念に寸法を測って間違いなくグリルに収まることを確認したうえで購入しましょう。  ところで、この商品を作っている会社、実は板金加工をはじめ金属加工業が盛んなことで知られる新潟県は三条市の本社に構えるパール工業です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © いまを斬る!鬼平の独り言 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます