So-net無料ブログ作成

小池百合子の排除発言は不寛容そのもの 寛容な保守政治は看板だけ?

 半年も前から周到に商標登録までして立ち挙げた東京都知事の小池百合子代表率いる希望の党ですが、ここに来て急速に当初の勢いを失い、終盤に差し掛かった衆院選でも劣勢がしきりに伝えられています。どうやら緑のタヌキの装束に隠された裏の顔が垣間見えてきたように思えますが、実はそればかりではないようです。
 自民党安倍一強政治から脱却して、「寛容な改革保守政党を目指す」と、威勢よく希望の党を旗上げしたものの、その直後に彼女が発した「民進党との合流ではない」さらに、「民進党からの全員受け入れはさらさらない」に始まって、最後に発した一言「(私の政策に反対な人の合流は)排除します」、これが致命的との指摘に対して、最近では「きつい言葉だったと思う」と自ら釈明しているとのこと。

 だいたい、旗印に寛容な改革保守政党を掲げながら、一方では(政策の異なる集団は)「排除する」というのでは、中学生にも分かる矛盾の極みというもの。
 私は長い間彼女の”政治家”としての時の権力者との向き合い方に注意して観察してきたが、ここにきて小池百合子という人物の正体を見た気がします。
 
 考えて見れば、先の都知事選挙で勝利したのも、それに続いて行われた東京都議選でも都知事として自ら率いた都民ファーストの会が、あたかも米国大統領選で奇跡的な当選を果たしたトランプが開票当日吐露のと同様に、小池氏本人も信じられないほど大量当選したのも、これすべて小池女史の政治的評価が高かったからではありません。東京の歴史に名を残すほど勝手な理屈で公費を濫用したいい加減な男舛添要一氏や都議会のドンこと内田茂氏の、いわゆるサッカー用語オウンゴールのおかげだったのではと私はいまでも考えています。つまり、緑のユニフォームも見るまでもなく、都民はテレビの前で誰が悪人なのかを毎日茶の間で、しかも際限なくインプットされていたのしょう。

 テレビやラジオが報じるように。小池東京知事時代には、これまでの知事が責任を曖昧にしてきた最大の懸案築地移転問題はもちろん、国主導で決まった2010年東京五輪開催を巡る諸問題も、小池氏によっててきぱきと解決されるものと想像していましたが、さにありなんです。
 何しろ都政などそっちのけで、国政に入れあげているのですから。
nice!(1)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

サンマも焼ける手軽なグリルパン 上手に使うコツは


 ガスレンジに付属しているグリルを最大限に利用できて、かつ別売のフタをを使えばサンマを焼いても煙も出ません。しかもアルミホイルを敷けば後の掃除もカンタンというグリルにそのまま収まる専用パン。これをを購入したのが、ちょうど1年前のいまごろ。揚げ物以外の肉や魚を材料とするさまざまな調理に利用してきましたが、使ううえでいくつかのポイントがあることもだんだんわかってきました。
 
 価格は販売元によってマチマチですが、たいていは1500円前後で販売されているようでかなり高い鋳造品やアルミ成型品もあるなかで値段の割には使い勝手がいいいようです。今日は、この商品の私流の使い方を紹介します。

 あまり、関係さりませんが、この商品を製造しているのは故郷の新潟県は三条市にあるパール金属という板金加工メーカーです。三条は金属加工の街として有名で、かってはノコギリなどの大工道具が中心だったのですが、いまでもストーブや各種調理器具などほとんどの生活用品を生産しているようです。

 ちなみに、わが家でいまでも愛用している世界的にも名の通ったステンレス製の包丁もこの地域から生まれました。


 グリルパンを使うときのポイント その1

 左の写真のような一般的なレンジ用のクッキングシートを使うと、魚を焼いてもくっつかず上手にできあがります。メーカーはサンマなど焼き魚調理には「底に油を敷いてから」と書いてありますが、このクックパーを敷いてその上にサンマなどの食材を載せて焼けばくっつくことなくひっくり返せます。
 波状に加工された底面には食材などから出る油がこびりついたりもしますが、クックパーを使えばそれも防げます。使い捨てなので少々もったいない気もしますが、洗剤やお湯でせっせと洗うのも結構な消費ですので却って環境負荷も軽いはずと割り切っています。
 なお、アルミホイールでも肉類やアジやサンマなど表皮が柔らかい魚以外の素材調理には問題ありませんが、サンマを焼くのには向いていません。どうしても皮がくっついてうまく行かないようです。

 サンマ好きの私は、フライパン式の鉄製焼き器をもっぱら使っていた時期もありますが、煙があなり出ない分だけグリルパンに軍配が上がるようです。グリルパンでも煙の発生は避けれませんが専用のフタをして「蒸し焼き」状態で10分ほど焼き、最後にフタを取って焼き目を付けるようにすればほとんど煙は気になりません。

 グリルパンを使うときのポイント その2
 
 グリルは両面加熱式がオススメです。これはレンジの構造によりますので自由な選択はできませんが、片面加熱の場合は、面倒でも食材をひっくり返す手間を惜しまないこよも必要のようです。さいわいわが家のものは両面なので、ほとんどその必要はありません。

 グリルパン調理の優位性

 フライパンのような片面加熱の調理器具に比べると、密閉空間で加熱するグリルパンの方が加熱時間が少なくて済む感覚があります。
 言ってみれば、グリルパンはグリルを汚れから守ってくれるシールドのような役割を果しているように思えます。これを焼きサンマに例えるなら、七輪でサンマを焼くのではなくアルミに包んで焼くようなイメージです。好き嫌いにもよりますが、ジュージューと焼くのが好みの方にはグリルパンでサンマを焼くのはおススメでないかも知れません。

 しかし、魚以外の肉類と玉ねぎやピーマンの野菜にキノコなど季節の食材をふんだんに使った焼き料理には素材から滲みでる油分だけで十部調理できますから、油を引く必要もなく本当に手軽で面倒臭がり屋の私は至極重宝して使っています。
nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

記者は個人事業主 NHKも実はただの隠れブラック

 当時わずか31歳でしかも結婚を目前にした女性記者が過労が原因で死に至ったと思われる労災事案について、NHKの見解は?と朝日新聞に問われた女性の父親によりますと、NHKの管理職は「記者は個人事業主(であって労務管理の対象ではない)」旨の発言を何度も繰り返したと同紙は今日の朝刊で報じています。
 常識をはるかに超える時間外勤務によって、同様のことは先に電通でも話題になっていたことは衆知の事実でしたが、そのニュースに真っ先に接する立場にあったNHKもその実態は、かねてから悪名高い電通に勝るとも決して負けてはいないほどのブラック企業であることを自己宣言しているに等しい発言です。
 一口に管理職といっても課長から事業部長クラスまでと広くて、その責任レベルは天と地ほど違うかも知れませんが、いやしくも自らが管理職であることを社会の公器に向かって明らかにしたうえでの発言なら、呆れるほかはありません。
 管理者なら、たとえ部下が記者という自律性の高い職種にあっても、成果の量や質という業務評価だけでなくNHKという国営企業の社会的責任についても、部下を指導しかつ日常行動を管理監督し、かつ評価する立場にあるはずです。
 それにも関わらずNHKという組織においても、直属の社員をあたかも下請け企業の「一人親方」同然とみなし、彼ら(彼女たち)の時間外勤務時間の実態も把握することもないまま、労務管理の対象外いわゆる「自己裁量社員」として放置していたことが、どの程度の責任放棄に該当するのか理解していないんですね。正直なところこのニュースは、私にとっても衝撃的でした。
 「Eテレ」という言葉も知らないまま、長いこと決して安くもない視聴料を自動振り込みで納めてきた「気のいい」NHK視聴者の一人として、これまでの不明を恥じます。
 メディアの報道内容を疑うことなく「まさに100%」信用し、もっとも重視していたNHKの報道が電通と同じことが行われていることが明らかになったのですから。

 伝統的な日本型企業とは違うとばかり思っていたNHKも、視聴者としてはまさに正体見たりと言うわけですが、こういう事情を抱えながら電通のことだけを他人事のように報道しているのはいかがなものですかね。前の「籾井」某というアホ会長が辞めて少しは変わって欲しいNHKです。
nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:moblog
Copyright © いまを斬る!鬼平の独り言 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます