So-net無料ブログ作成
検索選択

サポート詐欺などに会わないために わたしの対策方法

 先日、いきなりマイクロソフトという言葉も入った画面が表示され、「このコンピュータは感染しています」というとうな文字が見えました。細かいことは記憶していませんが、あれはいま流行りのサポート詐欺への入り口だったのかも知れません。

 わたしのデスクトップPCは24時間ネットに接続した状態なので、実際感染したかも知れないと思い、すぐにトレンドマイクロ>社のサイトからオンラインスキャンのための64ビット版実行形式ファイルをダウンロードしてスキャンしました。結果はシロでしたが、事情をご存じない方ならパニックになって、画面の指示にしたがって電話したりして次々と本物の被害を被ることだってあるかも知れません。

 幸い今回は実際の被害を被らずに済んだと思っていますが、サポート詐欺やランサムウエアをはじめウイルスによる被害を防ぐために私が行っていることを挙げてみます。

サポート詐欺やランサムウエア対策

1.インターネットエクスプローラなどの一般的なブラウザを使わない

 マイクロソフト社のIEは代表的ですが標的になり易いブラウザは、こうした一般的なブラウザです。ブラウザからの感染を回避するためできれば日本語専用と言いたいところですが、さすがにそこまでは無理なのであまり人気のなさそうなブラウザを使うようにしましょう。
 わたしの場合はFirefox系のブラウザを主に利用しています。

2.アンチウィルスウイルスソフトは必須

 アンチウィルスウイルスソフトはウイルス対策にあたって最低限必要なツールです。わたしはAVGというアンチウィルスソフトの無料版(ダウンロードサイトはこちら)を利用していますが、有料・フリーを問わずのものもありますが肝心なことは常時監視状態にしておくことです。



3.素性の分からない送信者からのメールは受信しない、ファイルは開かない

 ネット上でよく利用しているメールアドレス宛にメールが送信されることは不可避ですが、相手の素性を理解しないままメールを開いたり添付ファイルを開封したりすることは、ウイルス感染への嬉しくないショートカットです。厳に注意したいものです。

 なお、ここでおすすめしたいのがフリーソフトSpam Mail Killerです。

 その理由は,受信したくないメールを送信者名やタイトル、さらには送信した国などを識別して受信しないうちにメールサーバ上で削除できるため感染を防ぐ」ことができるからです。 現在は、窓の杜からもダウンロードできるようですが、わたしは10年以上も前から愛用させていただいています。

4.HDDは消耗品と割り切って確実にバックアップを
 その昔HDDは貴重なものでした。いまでもHDDの持つ意味や役割はとっても重大ですが、高速回転している部品である以上いつか故障するのは不可避です。定期的にバックアップを行いましょう。

5.外付けUSBを最大限活用する
 すべてのアプリをPC本体のHDDにインストールしておくと、万一のHDDを乗っ取られたような場合復帰できない事態も考えられます。USB上で動作するアプリだったらそちらにインストールしましよう。アプリ版リスク分散というわけです。

6.古いパソコンOSを使い続けない
 私は、ちょっとしたマニアックな理由から実行できていませんが、一般的には一番ハッカー攻撃の的になり易いパソコンOSとしておなじみのマイクロソフト社のWindowsで、Microsoft社のサポート期限を過ぎたOSを搭載したPCの使用は避けるに越したことはありません。

7.Windowsの更新ファイルじゃ自動アップデートに設定して常に最新の状態に
 OSとしてWindowsをお使いなら、マイクロソフト社を100%信頼して、「自動アップデート」に設定してパッチを当てておきましょう。更新プログラムの中にはPCの再起動が必要なものもありますが、億劫がらずに実行しましょう。再起動の間は休憩時間と割り切ってコーヒーでも飲んで過ごすことをお奨めします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

石原浜渦無責任体制 見えてきた豊洲移転問題の本質

 都議会百条委員会証人喚問の第一ラウンドが終わったいまも、依然として明らかにならない築地市場の豊洲移転問題の真相、きょう渦中の浜渦武生元副知事が偽証の疑いに対する反論のための会見を行いました。氏の質問者に対する横柄な言動もさりながら、前から胡散臭く感じていた彼のルーツを調べて見て合点が行くことがいくつかありました。

 テレビで幾度か垣間見た百条委員会で席を立ってスjタスタと証言席までかなり早く歩く、彼の姿勢は私の記憶に残るものの一つですが、その根本は空手だと納得が行きました。剣道部に在籍していた大学時代、隣では空手部が練習していましたが、浜渦氏の歩きはまさに彼らの歩く様子そのものでした。また、百条委員会の証人席で「水面下で説明するよ!」と呟いたとされる場面を想起するまでもなく彼の表情に常に浮かんでいる優越意識の元も、そこにあることに納得できたのです。つまり、「文句があるならかかって来い」という、彼一流の挑戦的な姿勢は、jこの空手修行の結果でした。
 空手有段者はその人自身が武器と認定されることも少なくありませんが、浜渦氏の一見頑なとも映る横柄な態度は、おそらく「喧嘩になれば簡単には負けないぞ」、という意思の裏返しでしょう。

 話が本題から反れてしましました。
 さて、その筋によると石原慎太郎氏と浜渦氏との出会いは浜渦氏の学生時代にまで遡及するといいます。想像ですが、その当時「太陽の季節」などで注目作家として風靡していた石原氏に、右翼っぽい青年が思慕の思いを以て接近したらしい経緯も、「芽むしり仔撃ち」など石原氏の小説に目を通したことのある者としては理解できます。
 
 これはあくまでも想像ですが、青年作家時代から長く身近に居ることとなった浜渦氏を、(まさか喧嘩強さを評価したのではないでしょうが)都知事時代の石原氏がついには副知事として重用し、自身関心の低い市場問題などのアイテムを彼に一任したことが今回の築地・豊洲移転問題を拗らせたものと判断できます。
 なにしろ、週に2・3日しか登庁しないという石原元東京都知事の無責任ぶりは、その浪費性向とともに当時から有名でしたから。

 想えば昭和40年代、石原慎太郎や三島由紀夫も一世風靡した作家でしたが、どちらも果ては挫折してしまい、東大紛争で激を跳ばした三島の最期は周知の通りです。
 都議会百条委員会に何十年ぶりに登場する、石原慎太郎元東京都知事をはじめ、選挙に拠らないチンピラ右翼まがいの副知事の作為・不作為によって都民がいかに直接・間接の被害を被っているかを、都民ファーストを旗印に掲げる小池百合子氏にも是非知って欲しいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

銃剣道が中学校体育種目に復活 何故今か?

 中学校の体育種目に銃剣道が追加されたそうです。
 菅長官はじめ政権サイドは、単に中学校体育教育科目の選択肢が増えただけだと強弁していますが,今の時代に銃の先に付けた銃剣で主として「突き」技を競う銃剣道の意義があるのでしょうjか?
 現在銃剣道の愛好者は約3万人、主として自衛官もしくはのそ出身者とのことですが、戦場で兵士が戦う白兵戦などいまの時代にあるのでしょうか、まったく不思議と言うか時代錯誤というほかありません。 
 
 調べて見ると、あのヒゲで有名な自衛隊出身の佐藤正久議員は、そのブログ記事の中で、自らが銃剣道種目の追加に極めて熱心に努力されてきたことを述べています。
 自衛隊員の高い専門性を理由に将来の徴兵制採用はあり得ないと主張しているご本人の立場といささか矛盾しているように思いますが。

 旧日本陸軍が採用した銃剣術、起源はフランス軍のそれに由来したようですが、その後日本古来の槍術の流儀をも取り入れたのだそうです。
 その意味で、「武士道の伝統に由来する日本で体系化された武技」と言えないこともないという理由には理解できるものの、突き技主体の銃剣道、果たして中学生の取り組むスポーツと言えるのでしょうか?
 大学時代に剣道を齧ったことがありますが剣道でも突き技はタブー視されていたと言ってもよく、ましてや中学生剣道では禁止技となっているのにです。いかに国体競技の一つとして認知されているとはいえ、このたびの銃剣道追加処置には疑問が残ります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース
Copyright © いまを斬る!鬼平の独り言 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます